【転職】女性銀行員が転職を決断できない理由6選

  • URLをコピーしました!
よぴ

はじめまして。元銀行員のよぴです。

私は、新卒で銀行に入行し5年間働きました。

入行してからずっと、銀行が嫌で嫌で、辞めたくて仕方なかったのですが、中々辞められませんでした。

しかし、

今振り返ると、もっと早く辞めれば良かったと後悔しています。

銀行員として働き続けたことで、辛い時間を過ごし、20代という若いときに仕事を楽しめなかったからです。

そこで、

この記事では、女性銀行員が転職・退職を迷う理由を紹介し、

今銀行を辞めるか悩んでいる女性が一歩踏み出せるアドバイスしたいと思います。

私と同じように後悔しないためにも読んで参考にしてください。

この記事で伝えたいこと
  • 銀行員が転職を決断できない理由6つ
  • 周りを気にせず思い切って転職してOK!
  • 銀行員におすすめの転職サービス

 

よぴ

銀行を辞める決断は大変だと思いますが、勇気を出して一歩踏み出しましょう!

目次

女性銀行員が転職を決断できない理由

さっそく、銀行員が転職を決断できない理由6つを紹介したいと思い見ます。

転職を踏み切れない理由

  1. 転職できるか不安
  2. 親の目を気にしてしまう
  3. 周囲に変な目で見られるのが嫌
  4. 上司や同僚に気を遣いすぎる
  5. 退職金が5年、10年のタイミングで上がる
  6. 産休、育休、結婚休暇、取得後の転職で悩む

いかがでしょうか。

これらが理由の方は、気にせず転職することをオススメします。

よぴ

当時は相当悩みましたが、今考えると気にする必要がありませんでした。

ひとつひとつ、詳しく解説します。

【理由①】転職できるか不安

1つめの理由は、転職できるか不安、です。

転職できるか不安で、辛くても銀行を辞められないという人は多いと思います。

実際、私が銀行を退職することを決断できなかった理由はコレです。

よぴ

銀行員が転職できないと思ってしまう理由は下記の通りです。

  • 銀行以外で通用するスキルが少ない
  • 勤続が浅い(3年未満は不利)
  • 上司や先輩に転職は難しいと言われる
  • 外部から銀行に転職してくる人がいない
  • 結婚や出産を機に専業主婦になる先輩が多い
  • 転職した人の話が入ってこない

上記が主な理由で、

転職できるか不安にさせています。

しかし、

現実は過度に不安を感じているだけで、転職は思ったほど難しくありません。

 

ここまで不安になってしまう理由は、

日頃から職場の同僚に、

「銀行員は潰しがきかない」
「銀行員はスキルがない」
「勤続年数が少ないと転職先がない」
「銀行なら出産後も働き続けられる」

と言われ、

「転職は難しい、銀行は恵まれてるところもある、仕事は嫌だけどよその会社よりマシなんだ」

と思い込まされているのが原因だと思います。

よぴ

私は完全に自分でそう思い込んでしまっていました。身近な同期が転職に成功するまでは・・・

しかし、

転職活動を行ってみると、想像よりも楽に転職ができました。

思っているよりも、

銀行員は転職市場で、高評価です。

  • 接遇マナーが出来ている
  • 電話対応が得意
  • 真面目、忍耐力がある
  • 事務処理が丁寧で早い
  • 愛想が良い

など、銀行員であるだけでポテンシャルを評価してもらえます。

勤続年数も昔は3年と言われた時代がありますが、今は1年働けば十分です

1年未満で退職した同期は転職に苦戦していたので、1年は続けることをおすすめします。失業保険給付の対象にもなるので。

よぴ

1年働いて合ってないと感じた人は転職活動を初めてみてください

 

転職できるか不安という方は、過度に不安を感じている可能性があります。

まずは、転職サイトや、転職エージェントに登録して、自分に合った求人がないか探してみてください!

 

続いて、銀行を辞めるか悩む理由2つ目を紹介します。

【理由②】親の目を気にしてしまう

理由の2つ目は、親の目をきにしてしまう、です。

銀行員の女性にかなり多い理由だと思います。

女性銀行員は、実家暮らしが多いので、何事も親の目を気にして転職に踏み切れません。

よぴ

私も銀行に就職したとき親が喜んでくれたので、辞めにくかったです。

親が「銀行を辞めるなんて勿体ない」「銀行で働いて自慢の子」だと思っている場合、辞めたいと言い出しづらいですよね。

良くも悪くも、

銀行員は親想いの人が多いので、

親を悲しませたくなくて、ズルズル続けがちです。

しかし、

親の為に躊躇ってる人は早く転職した方が良いです。

理由は、迷っている間に自分が求める求人がどんどん他の人に取られていくからです。

20代なら未経験でもポテンシャルで採用してもらえますが、

30歳を過ぎるとスキルがない女性を正社員で雇ってくれる会社は殆どありません。

親の反対を押し切って転職は精神的な負担もありますが、

自分の人生なので、いたずらに時間を過ごさないように気をつけましょう。

よぴ

転職して落ち着けば、いつかは親も納得してくれるので、勇気を出しましょう。

【理由③】周囲に変な目で見られるのが嫌

3つ目の理由は、周囲に変な目で見られるのが嫌、です。

銀行は特殊な業界で、

働く人の多くが新卒一括採用がメインで、途採用で他社から入行してくる人がいないため、

転職する人は変わった目で見られます。

また、辞める理由も女性の場合、結婚や子育てが理由で、

他の理由で辞めると周囲から変な目で見られます。

よぴ

私が辞めたときは27歳で彼氏なし、転職先は未確定。それはそれは、変な目で見られました。

 

「結婚して辞めたらどうだ?」
「取引先の○○さんがうちで働かないか?と言ってるけどどうだ?」
「本当に彼氏はいないのか?」
「銀行より条件のいい会社は少ないぞ?」

など、余計なお世話、セクハラ発言され、不思議な目で見られ心配されました。

銀行員に転職してくる人も殆どいないため、普通の企業ではありえない反応をされます。

しかし、今の時代、全社会人を見渡せば、日本でも転職は当たり前の世の中です。

銀行という閉鎖された中の意見に惑わされることなく、

女性も転職して自分に合った場所で働きましょう!

よぴ

辞めるときは結婚か出産という、銀行特有の固定観念を捨てましょう!

【理由④】上司や同僚に気遣いしすぎる

理由の4つ目は、上司や同僚に気遣いしすぎる、です。

業務効率化の流れで、最少人数でお店を回しているため、

1人辞めると、他の人に大きな負担がいくことが容易に想像でき、中々辞められません。

もう少し余裕がでたら、
しっかり引き継げたら、
このプロジェクトが終わったら、
次の人事異動まで、

など、立つ鳥跡を濁さずを意識しすぎて、気が付くと何か月も働いて辞められないです。

よぴ

特に、異動して直後は辞職を言い出せないですよね。

私は辞めると伝えようと思ったら、異動が出てあせりました。

「え?今?」

そんな感じでした。

しかし、

どうせいつか辞めるなら気にすることはありません。

数か月は「あの人辞めて大変!」と言われてるかもしれませんが、辞めた人のことを人間はいつまでも覚えていません。

気にせず、自分が辞めたいタイミングで辞めるのがオススメです。

よぴ

コネで入社した人は別かもしれませんが、銀行にコネで入社した人はほぼいないでしょう。

【理由⑤】退職金が5年、10年のタイミングで上がる

理由5つ目は、退職金が5年、10年のタイミングで上がる、です。

銀行の退職金は、1~4年で辞めると寸志です。

辞めた先輩から、退職金がアップするタイミングを知り得て、

「ここまできたら5年頑張ろう…」
「ここまできたら10年頑張ろう…」

となりがちです。

また、リフレッシュ休暇など、5年10年のタイミングで連続休暇を付与される制度もあり、

折角ここまで働いたし、お金と休みを取得してからと考える人もいます。

しかし、

転職すれば、そもそも給料が上がる可能性もあります。

退職金目当てで転職を先延ばしにしてズルズル働くと、かえって損をする場合もあるので気をつけましょう。

よぴ

退職金目当て、連休目当てで続けている方は要注意です!

【理由⑥】産休育休取得で悩む

理由の6つ目は、産休育休取得で悩む、です。

銀行は女性が多い分、産休育休の取得実績が高いです。

中小企業などは、まだまだ産休育休の実績がない会社も多く、

ママが正社員で働き続けるのは厳しいため、辞めるのがもったいないと感じて辞められません。

実際、産休育休の取得は勤続1年以上と定めている会社が多く、

結婚出産のタイミングで転職するのは微妙な選択です。

そんな方は、とりあえず産休育休取得して、

それ以降続けるかはまた改めて考えることをオススメします。

理由は、

産休育休の取得実績は確かに高いですが、働きやすいかはまた別問題だからです。

銀行で出産して働き続けるママは、正直かなりの強者です。

なので、続けることがベストとは限りません。

ただし、産休育休は取得する資格があれば堂々と取得しましょう。

産後の生活でお金の心配をしなくて済むので。

よぴ

産休育休を取得してそのまま辞めるなよ!みたいなことを言う人もいますが、気にしない様にしましょう。

子育てをしながら、銀行員から転職することは難しいかもしれませんが、

Webスキルを身に付けて在宅で働くというキャリアチェンジは可能です。

将来的に銀行を辞めて、PC1つで働けるようになりたい方は、SHElikesを利用するのがオススメです。

SHElikesはオンラインで学べ、未経験からWebスキルを身に付けられます。

女性限定のスクールで安心して学べ、数か月で一人立ちできます。

よぴ

私もSHElikesでWebスキルを学び、在宅副業で活かしています。

雑誌やテレビで紹介される評判のスクールで、無料体験レッスンも人気です!

是非興味のある方は、無料体験だけでも利用してみてください♪

まとめ:勇気を出してキャリアチェンジしよう!

女性銀行員が転職で悩む大きな理由は6つです。

  1. 転職できるか不安
  2. 親の目を気にしてしまう
  3. 周囲から変な目で見られるのが嫌
  4. 上司や同僚に気を遣いすぎる
  5. 退職金が5年、10年のタイミングで上がる
  6. 産休育休取得で悩む

女性ならではの悩み、
銀行員ならではの性格、
真面目さ、

から決断できずにいる人が沢山います。

しかし、

無理に合わない環境で働くのは身体によくありません。

周りに配慮するあまり、自分を犠牲にしないように気を付けてください!

勇気を出して転職してみてください!

よぴ

まずは、転職サイトやエージェントに登録して、行動しましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次
閉じる